プロ野球でもくじが導入するという事になったが

スポーツくじで有名と言うとやはりサッカーで「トトカルチョ」と言うのもがありまして勝ち負けと占うようになってるがこれはJリーグが始まった時から行われていると言うがプロ野球でもこの様なくじが導入する事が明らかになる事がわかったがこれは国会議員が中心となって導入を検討をしていたが当時はプロ野球関係者などが反対をしていた事で議論は立ち消えとなったが振興くじについて全球団が話し合いを始めた。

現段階では強い反対がなくこの様な話し合いが行われたが振興くじはスポーツ関連で収益がすべてのスポーツ振興に利用される事で助成など利用される事になるが現在のしているサッカーくじ「toto」でもこうした振興金を利用しているという事になる。

これがプロ野球にくじが導入するとプロ野球が行う振興事業の助成になるという事になるが実際にプロ野球にくじが行われたのが1940年代と言うがその後は行われてないと言うがこの背景には野球賭博があった事で重大な処分が行われた経緯もあるのでかなり慎重となったが2015年に超党派でこの様な計画もあったと言うがここも巨人の選手が野球賭博が発覚した事で立ち消えとなったが今回はこうした事がなく球団も一致団結となった事で真剣に全球団が話し合いを始めたと言う。

野球をする事だけではなく観戦もしないしない人が多く離れているという事になるがこうしたくじが始まると関心もあってか増えてくると思われているかも知れないと言うが今後はこうした不祥事が起きないようにしたいと思っているかもしれません。

この様なくじで野球人気を戻せるのか今後に注目だと思っているのです。キレイモ 月額制

ワイドスクランブルのゴミ屋敷片付けの続きが良かった

先日ワイドスクランブルを見ていたら年末に放送されたゴミ屋敷片付けの続編が放送されていました。
片付けコーナーが好きなので続きを密かに楽しみにしていたのですが、もうすっかり忘れていました。
忘れた頃に突然放送されるのですね。
この放送ですが、なかなかいい物でした。
娘さんが安東先生に対して凄く生意気な態度だったんです。
「片付けなんかやっても意味ねーし」みたいな反発するような態度を取っていました。
もうゴミ屋敷の片付けに嫌になってしまっていたんですね。
けど安東さんは何をすれば良いのかを具体的に支持して娘に片付けを手伝わせました。
その娘さんを見ているう
ちに、安東さんは「本当はこの子はキレイ好きなんだ」ということに気付いたのです。
実はお母さんですら娘が本当はきれい好きだということに気付かなかったのです。
実の母が気付いてあげられず他人のおばちゃんが気付くってなんだか悲しいなと思いました。
この娘さんは不登校だったのですが、母親が片付けられない性格だから心がおかしくなって学校に行かなくなってしまったようです。
現在では絵の専門学校に進学して不登校になることもなく楽しく勉強をしているそうです。
部屋をキレイに保ち続けるということは家族に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるということですよね。http://www.fonfix.co/ude-datsumo.html