ウェールズCEOの最大のキーマンはラムジーだったのか

今ビッグイベント初出場ながら並み居る強豪をずっと撃破し、準決勝ではポルトガルに敗れはしたもののその堂々たる遊びサイドは国々から評価を浴びてもおかしくないウェールズ第一人者、その主役スポーツマンといえばさすがいまレアル・マドリッドで活躍するベイルがあがりますが、こういう組を助ける上で最も重要なスポーツマンだったのは、中盤の下として組を支えたアーロン・ラムジーだったのでは、とも思います。
ベイルの称号ばかりが先にでていまひとつ目立たない気分もあるラムジーですが、参加すらプレミアリーグのアーセナルでは中心として君臨、こういう組も中心として組を支えてある。
ユニットリーグでは3競り合い誘発到来、その後も活躍で組を盛り立てるベイルとともに、ラムジーも嬉しいノウハウで組を盛り立てここまで4補佐を記録していました。
但し準々決勝のベルギー戦でイエローカードをもらい累積助言で出場免除となってしまいました。
ポルトガル戦に敗れたとは言え、ウェールズは大活躍しましたがともかく中盤のキーマンですラムジーの絶無が凄まじく響いたと言っても過言ではありません今すぐ 借りたい